プロフィール


管理人:トット
ご訪問感謝!!
小遣い1万円の生活を打破!
に向けて頑張ります。
Powerd by 萌える!アバターメーカーadmin

お小遣カテゴリー

sai.leter-b メールで稼ぐ
フルーツメール (FruitMail)
ドリームメール (Dream Mail)
Infoseek メール de ポイント

jumee☆signHPD サイト訪問で稼ぐ
お財布.com オススメ
ハピタス ReNew
げん玉 (げんだま) オススメ
ポイントモンキー オススメ
ポインティア (Pointier)  オススメ
ポイントハンター(POINTHUNTER)

TV モニターで稼ぐ
モラタメ
  └(当選品①

メモ ライターで稼ぐ
Analys (アナリス)
ブログ広告.com

AF アフィリエイト稼ぐ
A8.net (エーハチ.ネット)
ADコマース
もしもアフィリエイト
BannerBridge (バナーブリッジ)

マウス(左クリック) クリック保証で稼ぐ
忍者AdMax オススメ
Trend Match(トレンドマッチ)

最新コメント

SEO・アクセスアップ

お勧めサービス

SEO対策

サイト内検索

広告



今一押しの情報

   

期間 記事タイトル 収入額 コメント
オススメ 2017年最新 自動車保険一括見積もりでプレゼント特典のあるサイト 1500円 自動車保険一括見積りでマックカード、図書カードをもれなくプレゼント
オススメ 【スマホ限定】広告をみるだけでTポイントが貯まる♪ 2円/日 広告を見るだけでTポイントが貯まるキャンペーンが開催中!

ポイントサイトのポイントと所得税の関係 ~一時所得?雑所得?値引き?~

インターネットで副業をする方が最初にする事は
リスクが少なく・簡単に始められる『ポイントサイト』の利用です。

さらに、ポイントサイトの仕組みを理解していくと、
『ドロップシッピング』や『アフィリエイト』に挑戦していきます。

この段階では、
とにかく収入を増やすことだけに没頭します。

しかし、毎月1万円以上稼げるようになると、
ひとつの壁が立ちはだかります。

所得税です!

私のようなサラリーマンがネットで収入を得た場合、
所得税の分類の中の『一時所得』・『雑所得』辺りが関わっています。
 一時所得
  営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、
  労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得
  一例、
   (1) 懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金
   (2) 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
   (3) 法人から贈与された金品  

  ⇒ 私の解釈:懸賞、見積もりプレゼント(金券)などで貰ったもの

 雑所得
  他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、
  著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

  ⇒ 私の解釈:楽天アフィリエイト・ライター系ASP・ドロップシッピング等での収益


一時所得、雑所得は共に
収入に対して掛かった費用・経費を差し引いた金額(所得)が課税対象になります
 収入 - (収入を得る為の経費)

その際、
 一時所得は所得が50万円以上
 雑収入は所得が20万円以上
を越えた部分が課税対象です。

 一時所得の課税対象額 :収入 - (収入を得る為の経費) - 50万円
 雑収入の課税対象額  :収入 - (収入を得る為の経費) - 20万円


みて分かるように、収入の種類によって課税が控除(引かれる)額が違うのです。
仮に、
懸賞で50万円分のギフト券が当たった場合、
一時所得になるので50万円までは課税は0円
一方、
アフィリエイトで50万円の所得があった場合、
雑所得になるので、20万円を差し引いた30万円の部分が課税対象となります。
※所得 = 収入 - 経費


ご覧のとおり、どのように収入を得たかで、
税金の金額が変わるのです。

となると、
ネットで副収入として入ってくる収入はどれに当てはまるかが重要です。
そこで、これまで私がネットで得てきた収入を例にして分類してみました。

管轄の税務署にも確認をしてはいますが、
管轄の税務署によって見解がことなるようなので、
1つの参考としてご覧下さい。




ポイントの貯め方・利用方法や収入の種類で課税対象の判断をします。

■ ポイントサイトのポイント(例:げん玉、ハピタス)
  ・ポイントサイト経由でのショッピング・見積もり等で獲得したポイント
   ⇒ ・ポイントサイトでポイントを消費するなら「値引き」扱いで非課税
     ・現金や金券に交換すると一時所得になり課税対象

  ・ダウンからのダウン報酬で獲得してポイント
   ⇒ サービス(ポイントサイト)を紹介してた報酬として貰っているので雑収入

■ グルプレ.comで貯まったポイント
  ・グルプレ.comで商品購入時にしか使えないので「値引き」扱い

■ 楽天市場の楽天スーパーポイント
  ・商品購入の際に付与されたポイント
   ⇒ 商品を購入しているのでポイントは『値引き』扱いとなり非課税

  ・楽天市場のゲームなど(商品購入以外)で獲得したポイント
   ⇒ 商品購入の際にポイント分の値引きされるので非課税

  ・楽天アフィリエイトで得たポイント(楽天キャッシュ含む)
   ⇒ 商品を紹介した報酬として受け取るので雑所得になる

■ 自動車保険などの見積もりで貰った金券
  ・「法人から贈与された金品」に該当するので一時所得

■ アフィリエイト・ドロップシッピングからの振込み
  ・商品、サービスを紹介することで報酬を得るので雑所得
 

大まかな分類は以上です。
判断基準としては
・商品、サービスを購入して得たポイント
 基本的には「値引き」扱いとなるので非課税だが、
 そのポイントが単独でも価値がある場合、
 もしくは単独で価値のある物に変わった場合は一時所得となる。
 「単独で価値のある物」とは例えば現金や金券等に交換したときです。
 このときは、「値引き」扱いから一時所得になるそうです (税務署に確認済み)

・ゲーム等で商品購入時につかえるポイントを獲得
 基本的に「値引き」扱いになるが、
 上記どうように現金や金券等にかえると一時所得になる。


なので、
・ポイントサイトなら自分で貯めたポイントを現金化・金券化したら⇒ 一時所得 
・楽天アフィリエイトでの報酬は⇒ 雑所得
・楽天アフィリエイト以外で獲得した楽天ポイント⇒ 値引き扱い(非課税)
・見積もりで貰ったプレゼント(賞品)は⇒ 一時所得



ポイントサイト・アフィリエイトとの税については以上です。
上記は私が管轄の税務署等で確認した内容ですが、
管轄される税務署によって見解が異なることがあるようです。

最終的な確認はお近くの税務署で確認してください。





関連記事






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ブログパーツ